がけっぷち人間が司法書士に合格してからの日々
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


徒然と・・・
2010年07月22日 (木) | 編集 |
今日も暑かったですね~。

外回りは少なめだったので、体力的には結構元気です(^ω^)


リアル猫吉で癒され、カワユスっとお褒めいただいた皆様。
ありがとうございます。
なんだろう。すごい嬉しいんですね。


はっ( ゚д゚)っ まさかこれが・・・親・・心・・!?



え~・・そろそろ伊藤塾の個人成績表が発送されているそうなんですが、、何故まだ家にはこないのかな?
ちょっと楽しみにしてるんですが・・。
到着次第、またアップしようかと思ってます(´∀`)


そういえば、午後の部の検証資料を作成していて思ったんですが、直チェって、いわゆる「巻き戻し更正」について、記載がないんですね~(僕の使っている直チェは旧版なので、新版には記載があるのかな?)


今年の午後の部第13問の肢アとウ。

まぁこの2つがわからなくても正答できたんですが、個人的にはこの論点は記述でそろそろ出るかなぁと思っていたので、記載が無かったのにはちょっとびっくりしたww
(ちなみに猫チェにはこの点について、がっつり記載があったので、美味しくいただけましたww直チェと猫チェを両方使ってると、どっちに記載があったかわからなくなってしまう事があります・・・)


一応、僕みたいに不登は直チェしかやってないっスという方のために、この2つの肢以外で猫チェに記載があった論点を書いておきますね。(いらねぇっという方も、まぁそう言わずに受け取ってくださいよぉ)


・甲区1番でAの所有権保存登記、2番でB名義の所有権移転登記がされている場合において、甲区1番について、実は、AC共有であったところA単有名義で保存登記がされてしまったものであった場合、いきなり甲区2番の登記をBC共有とする更正登記を申請することはできず、まず、2番の登記を「A持分全部移転」登記に更正した後、1番の登記をAC共有名義に更正しなければならない。


・数回に分けて所有権一部移転登記を受けた者から、2回に分けてその持分についてのみ移転登記を受けたが、申請の錯誤により、いずれも所有権の移転登記として登記がされてしまった場合の更正手続は、当事者の共同申請により、最後の登記から順次逆に、各移転登記の更正登記を申請しなければならない。



・・・他にも何個かあるんですが、思った以上に長いので、ここら辺で辞めときます(´Д⊂ヽ


上の2個は猫チェのデータをそのまんま貼り付けたものなんですが、読みにくいし、分かりにくいですよね・・。
大人作業前なので・・


大人作業をして、(自分的に)一見してスルッと理解しやすいようにちょびちょび作業してますww



検証資料の作成や大人作業のような、作業を「勉強」と認定していただけるなら、結構頑張ってるかもしれません(´∀`)


ここ最近、ちょっと受験生ブログっぽくなかったので、これからはもう少しだけ・・受験生ブログっぽく、日々のお勉強の結果やら、進捗具合等を書いていかないといけないなぁと思いました(`・ω・´)




勉強7:作業3で行こう。記述式演習も忘れずに!

がんばりますっ*・゚(n‘∀‘)η゚・*


にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。