がけっぷち人間が司法書士に合格してからの日々
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ツンデレ・・?【追記あり】
2010年08月23日 (月) | 編集 |
さてさて、先ほどの記事で書きたいネタがあると言っていた件について・・・。

もうご存知かと思いますが・・。


まさかまさかの展開です。


平成22年度司法書士試験(筆記試験)の採点上の取扱いについて


法務省が出題ミスを認めました・・。

しかも結果発表1ヶ月のこの時期に・・。


昨年までではありえない態度です。



法務省・・・・・・・



どったの?




何そのデレっぷり!!!


すごく理解のある、フェアな取扱いっ!!



ま、まさか・・・・

1ヶ月前のこの時期に優しいところを見せておいて、合格発表の日・・・


記述式の採点を不可解採点若しくは鬼採点にするつもりじゃないでしょうねっ!!


お願いしますからそこで「ツン」は止めてっ!!!


監査役の件は積極で処理してくれていい。


本当に優しくなったんなら全員正解にしてくれてもいい。



監査役設置会社の定めを記載漏れしたことにも目を瞑ってくれるならいいよっ!!


頼むよ・・・・。

ついでに、就任承諾書に「設立時」って付け忘れたのにも目を瞑ってください・・。



と、個人的な怨念はここまでにしておきまして、この発表により、どれくらい基準点に影響がでるのか、ちょっと調べてみましたww



今回の発表で影響のある部分は、以下の通りです。


午前の部

第7問   正解が1と3の複数解に。(予備校見解では正解は3)
第33問  正解が4と5の複数解に。(予備校見解と同様)

午後の部

第9問   全員正解に。(予備校見解と同様)


LECの基準点予想は、午前27、午後26(or25)でした。

今回発表があった問題のうち、午前の部第33問と午後の部第9問については、もともと複数解(午後の部第9問については全員正解)として計上されており、基準点予想に影響は無い(あったとしても限りなく小さい)と思われます。


問題の午前の部第7問なんですが。

この問題の肢別の解答率を見てみると・・


LEC  肢3 69%
伊藤塾  肢1 6.9%
     肢3 69.8%

となっています。

また、LECの成績表の最終版では、肢1についての正確な解答率はわかりませんが、7月14日現在(サンプル数966人)での成績表によると、肢1は8%の解答率になってました。なお、この時点での肢3の解答率は72%でした。


LECの最終版の成績表のサンプル数が1886人と、7月14日から見ると約2倍になっていますが、最終版での肢1の解答率は8~9%くらいかと思われます。


そう考えると、第7問の正答率はLECで最大78%、伊藤塾で76.7%となります。


で、これがどの程度基準点アップの要因になるのか、実際基準点予想としては1問アップになるのか・・


は、どなたか統計学に詳しい方・・教えてください(´Д⊂ヽ


これ以上の分析は僕程度ではてきないっス。




長々と書きましたが、僕の択一の成績には全く影響が無かったんですよね。

おっ!1点あがるかもっ!?

一瞬と期待したんですが・・。


いや、もう択一の話は良いです。あとは分析が得意な方にお任せします。


記述の基準点さえ下がってくれたら何も文句はいいません。
いえ、基準点を突破させてください(m´・ω・`)m


【追記】

午前の部第7問について、LECの最終の肢別の解答率が分かりましたので書いておきます。

肢1 8%
肢3 69%

正答率は77%ですね。

これによって偏差値も僅かながら変動すると思われるんですが・・・たぶん基準点に影響ないですよねぇ・・。



:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:



にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村










スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。