がけっぷち人間が司法書士に合格してからの日々
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


思ひ出~司法書士編(1回目受験編)~
2010年10月03日 (日) | 編集 |
おはようございます(´∀`)


御要望もあり、司法書士試験受験の思い出と僕が考える合格に必要な要素、勉強法などをつらつらと書いていきます♪


1回目の受験は平成18年でした。
当時の僕は根拠のない自信に満ち溢れており、予備校の講座を受けてある程度勉強したら合格できるに違いないと考えてました。

平成18年の1月頃から竹下先生の1年合格コースを申込み、毎日受講していました。
平日は1コマ、休日は2コマくらいだったと思います・・。


当時はスーツ屋の店員をしていたので、講義を聴くのとわずかばかりの復習をやるのが精一杯でした。
確か、12時頃~21時が出勤だったような気がするので、午前中に急ぎ足で受講していたような思い出が・・


そんなこんなで時は過ぎ、本試験前ぎりぎりで受講し終えました。

もちろん、過去問もろくに回せてませんし、記述式対策だって、ブリッジを少しかじった程度です。


そんな状態にもかかわらず、当時の僕はなぜか合格を確信していたようです。


で、まぁ当然っちゃあ当然なんですが、不合格になりました。
結果は午前25・午後25で午前足切りでした・・。



1回目の受験時の勉強は講義を聴く→重要そうな事項をメモし、それをDP、直チェに書き込む・・
それを読み返す・・のみでした。


(つづく)


次回からは、各年度ごとにとった勉強法と、今思うその問題点、教材の使用方法についても書きたいなぁと思ってます(´∀`)




【今日の口述問題】

・司法書士として業務を行うには登録をする必要があるが、その理由は何か。

・司法書士法人の社員の資格について、どのような制限がされているか。また、その理由は何か。


う~ん。答える自信・・無いぞ~。゚(゚´Д`゚)゚。


:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:



にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。