がけっぷち人間が司法書士に合格してからの日々
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最後のヤマ!口述試験前夜~猫吉の場合~
2010年10月11日 (月) | 編集 |
こんばんは~(´∀`)

遂に明日は口述試験ですね。


受験される方はジャージ着用で、是非(笑)
(ほんとうにジャージを着用して何らかの不都合が生じた場合でも、責任は負いかねますので悪しからず 笑)


今日は朝から司法書士法の復習と、ブレークスルーの口述本を読み込んでました(・∀・)
(お昼寝(?)して、今さっき起きたのは内緒です・・)


正直、ここ最近は合格の余韻も消えさり、これからの自分の進むべき道についての事を考えることが多いです。
もちろん口述試験に落ちたらどうしよう・・と、ささやかな不安はありますが。゚(゚´Д`゚)゚。



・・・・どうしましょう。口述試験についてこれ以上語る事がなくなりました(´・ω・`)

と、いう訳で・・



第2回!猫吉答練~(゚∀゚)


え~・・っとですね、とりあえず今回は民法編ということで、問題肢を5つほど。
(ネタ元は猫チェですw難易度は・・・レベル2肉球ですかね・・)




次の(ア)から(オ)までの記述のうち、正しいものを選んだ場合、正しい組み合わせはどれか。


(ア)Aが真意に反するにもかかわらず、自己所有の甲土地をBに遺贈する旨の遺言をし、Aが死亡した場合においてBが当該遺言がAの真意に反することにつき悪意であった場合には、Aの相続人CはAの遺言の無効を主張することができる。

(イ)連帯債務者の一人Aが、債権者の詐欺により代物弁済した場合、Aは、詐欺による意思表示であることを知らなかった他の連帯債務者Bに対して、当該代物弁済の取り消しを主張することができる。

(ウ)瑕疵担保責任に基づく損害賠償請求権は、買主がその請求をした時から消滅時効が進行する。

(エ)胎児は代襲相続における相続人となる事ができない。

(オ)被保佐人は保佐人の同意を得ず単独で新築、改築、増築または大修繕について注文者になることはできないが、新築、改築、増築または大修繕を請負うことは単独ですることができる。



(1)(ア)(エ) (2)(ア)(オ) (3)(イ)(エ) (4)(イ)(オ) (5)(ウ)(オ)






答えがわかった方は猫吉事務局までご連絡ください(笑)



解答はwebで!!


・・じゃなかった。明日の記事で書きますね♪




:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:



にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。