がけっぷち人間が司法書士に合格してからの日々
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マイナー科目とDP(直チェ)
2010年11月09日 (火) | 編集 |
コメントでご質問いただいたので、ネタにさせていただきます(笑)
まぁさん、ありがとうございます(^◇^)


マイナー科目とDP(直チェ)についてですが、結論から言うと、憲法と民訴以外はDP(直チェ)で十分だと思います。


ちなみに、マイナー科目とは、民法、会社法(商法)、不登法、商登法以外の科目、


・憲法
・刑法
・民事訴訟法
・民事保全法
・民事執行法
・司法書士法
・供託法


を言います。(最近、民事訴訟法はマイナーではなく主要科目であると言われる事がありますが、ここではマイナー科目と言うことで話をすすめさせていただきます(@_@;))


マイナー科目は全科目合わせると、70問中、17問出題されます。


マイナー科目の得点率は、各受験生ごとの得点計画によって異なるので一概には言えませんが、概ね、17問中、12問は得点しておきたいところかなぁと思います。


僕がマイナー科目の対策として使用したテキストは以下のとおりです。


・憲法 : スーパー過去問ゼミ2 憲法
・刑法 : デュープロセス
・民事訴訟法 : プログレス(現「民訴の礎」)+直前チェック
・民事保全法 : 直前チェック
・民事執行法 : 直前チェック
・司法書士法 : 直前チェック
・供託法   : 直前チェック


と、まぁ憲法と民訴以外はDP、直チェしか使用してないです。ちなみに、猫チェも作成していないので、完全にDP、直チェに依存していました・・・が、これで十分だと思います。逆に、これ以上やるとやり過ぎになるんじゃないかなぁと思います((+_+))


憲法についてはデュープロセスを使用していませんのでちょっとわからないです・・・。
民訴に関しては、得点目標にもよりますが、DPではやはり厳しいと思います。


ただ、5問中、2問乃至3問くらいの得点目標であれば、DPで十分だと思います。
これは本当に民訴でどれくらい点数を取りたいのか、によって異なりますので、できるだけ民訴に時間をかけず、2,3問得点できれば良いというのであれば、おススメです。


逆に、満点、最悪でも4問は得点したい!という方にはおススメできないです((+_+))


その他のマイナー科目については、DP(直チェ)をやりこめば、ほぼ満点を取ることができます。
(これは僕自身のマイナー科目の成績が、16問/17問だったことからも言えるかな・・・・)



と、こんな感じでしょうか・・・



他に疑問点などお有りの方はお気軽にコメント下さいませw



や、ほんとにネタが無いんです・・・



:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。