がけっぷち人間が司法書士に合格してからの日々
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


業界用語
2010年11月24日 (水) | 編集 |
司法書士業界で頻繁に使われている用語です。
これをマスターすれば、業界人になれる・・・・かも。たぶん。



・識情(読み:シキジョー)
登記識別情報のこと。法務局内部でも用いられる。なお、登記済証の場合、済証(ズミショウ)や権利証等とも呼ばれる。



・原因証書(読み:ゲンインショウショ)
登記原因証明情報のこと。単に、証書と呼ぶことも。なお、本職によっては報告形式の登記原因証明情報と売買契約書をごっちゃにしている方もいらっしゃるので、確認が必要。



・謄本(読み:トーホン)
登記事項証明書のこと。「謄本」と言った場合は不動産では全部事項証明書、法人では履歴事項全部証明書を指す事が多い。なお、管轄外本店移転の場合の旧本店、清算結了後の会社の場合、履歴事項証明書を請求しても却下になるので注意。この場合、閉鎖謄本をとる。



・共担(読み:キョータン)
共同担保目録のこと。現在では登記官が作成することになっているが、旧不登法時代では申請人が作成していた。不動産登記をあまりやっていない方に「では、共担はこちらで作成しますので」と言われた記憶があります。



・閉鎖会社(読み:ヘイサカイシャ)
株式の譲渡につき、株式会社(他に、取締役会、代表取締役、当会社など)の承認を要する旨の定めを設けている会社のこと。現在では譲渡制限会社とも。なお、譲渡制限のない株式が1部でも発行されていれば、閉鎖会社ではない。



・名義書換代理人
今で言う、株主名簿管理人のこと。旧商法時代に親しんだ本職が稀にこう呼ぶ。



・売契(読み:バイケイ)
売買契約書のこと。単に、契約書とも。なお、贈与案件においては贈契とは言わず、単に契約書と言うことが多い。最近、どんどん条項が増える傾向にある。



・名変(読み:メイヘン)
登記名義人の住所又は氏名変更・更正登記のこと。前提登記たる性質を有しており、原則として省略できない。これを見落として設定登記や移転登記をやってしまうとエライ事になる。



・繋がりを証する
通常、相続登記の際に用いられるが、名変登記・抹消登記の際にも、用いる。



・評価証明(読み:ヒョーカショーメイ)
固定資産評価証明書のこと(固定資産税納税通知書別紙でも代用可能)。不動産登記の際には課税価格及び登録免許税の計算の際に必須。この他、私道負担があるか否かの調査にも使える。また、破産・民事再生手続においてはオーバーローンか否かの判断基準にもなる(本来の趣旨は財産調査)。


まぁ、今回はこんなもんで・・・(´・ω・`)



*・゚(n‘∀‘)η゚・*
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。