がけっぷち人間が司法書士に合格してからの日々
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新・標準テキストとDP・猫チェ(ちょいと追記あり)
2010年07月18日 (日) | 編集 |
昨日、今日とすっかり夏モードですね(>_<)

エアコン君無しではもはや生活できないです(´Д`)


僕はDPでどこまで本試験が解けるのかを検証する位、DP愛用者なわけなんですが、先日の姫野先生のブログで紹介された、「新・標準テキスト」・・・


姫野先生がこういった体系的な基本書を執筆されていたとは・・・


正直、すげえ気になります。


今まで、姫野先生の著書はモデルノートしか使用したことがなかったのですが、非常に良書だと思います。
この本のおかげであんなに嫌いだった、記述式に対してちゃんと向い合えるようになりましたww
すげぇ先生だと思っています。


そんな先生が今回、メインテキストを著された。
これは個人的にかなりヤバい。


一刻も早く拝見したい。
というのが素直な意見です(´Д`)



・・・ただ、だからといって、今更DP から乗り換える!とはちょっと決断し兼ねています。


いずれにせよ、購入は間違いなくしますが、DP から乗り換えて来年度用のメインテキストとして使用するかは、きちんと、読み込まさせていただいて、年内に自分のものにできそうであれば、乗り換えると思います。


姫野先生の著書と、自分との相性は、抜群に良いと言うことは、モデルノートで確認済みなので、その点はまったく心配してないし、姫野先生の著書である以上、内容も、文句をつける余地はないと思われるので、判断すべきは、只一つ。


「自分がこのテキストをDP以上に使いこなせるか。」


どんなにハイスペックなマシンも、乗りこなすことができなければ、事故って終わりです。
年内にそれが難しいと感じた場合、今年と同じくDPでいきます。


なんにせよ、非常に楽しみです。



ここにきて、先日の検証は非常に有意義だったと思います。


難易度が上がったと言われている今年の本試験の問題でさえ、DP と猫チェを使いこなすことができれば満点近く取れることがわかったし、何よりも、この2つを愚直に繰り返した僕自身が、これらを使いこなせていなかったとは言え、31・34と、択一に関してはそれなりの点数を取ることができたんですから。(記述式については・・こちらを参照。すべては、僕の注意力不足が原因です。)



もし、今回発売される姫野先生の著書を使いこなせなくても、DP と猫チェに戻れる。


そしてそれらでもそれなりに戦える。この安心感があるとないとでは、同じ読み込みでも吸収率は大きく変わると思います(>_<)


はあ、、とりあえず、早く見てみたいなぁ

楽しみ過ぎます(>_<)


直チェはいずれにしても使うことになるので、その点の相性も気になるところだなぁ~。
2重に楽しみです(*^_^*)


にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
直チェは?
はじめまして、いつも興味深く拝見しています。
今回の記事、「DP・猫チェ」となっていて、「直チェ」が抜けていますが、意図的でしょうか?
新・標準テキストは、民法と不登法が各1冊になっているところが
他の基本書に比べて特徴的で、
それぞれ何ページぐらいに収まっているのか知りたいですね。
2010/07/19(月) 05:37:00 | URL | 海のカナリア #YJ9Oflxw[ 編集]
Re: 直チェは?
>海のカナリア さん

はじめましてっm(__)m

おっ!
気づいていただけましたかっ(*^_^*)

そうなんです。
今回の記事では直チェは意図的に触れていません。

理由は、2つあります。
1つ目は、今回の姫野先生の著書と、DPのいずれをメインテキストとして使用するにしても、「直チェは必ず使用するから」というもの。

2つ目は、情報の内容という面について、直チェとDPとの関係は、一応、「DP>直チェ」という図式が成り立つから(ただし、一部例外がありますが。)、というものです。


猫チェについては、1つ目にはあてはまるが、2つ目にはあてはまらなかったので、「DP・猫チェ」と書いたという次第です(^_^;)


すいません。はっきりいって、自分の中だけの基準でしたので、説得力がないですねww


今年の9月以降の僕の勉強スタイルは、「DP+直チェ+猫チェ」か「新・標準的テキスト+直チェ+猫チェ」のどちらかになることになりそうです・・・。


民法・不登が別々なんて、はじめての体験ですっ。
本当に、楽しみですねっ(*^_^*)
2010/07/19(月) 08:16:14 | URL | 猫吉 #-[ 編集]
↑あ、一応、直チェも使うということで、記事に追加いたしました(*^_^*)
自分なりの基準に基づいて書いたとは言え、前の記事の書き方だと、直チェを使わないみたいな感じになっちゃいますね。

ご指摘ありがとうございましたm(__)m
2010/07/19(月) 09:15:18 | URL | 猫吉 #-[ 編集]
デブチェ
姫野先生の「基本書です。」という発言があったので止むを得ないのかも知れませんが、
姫野先生は、もともと、情報を一元化する際には、「最も情報量が多いものを基にすべき」という立場ですし、
「情報集約の必要はないぐらい、充実しています。」とも言われていますので、
新・標準テキストと比較すべきなのは、「デブチェ」(直チェではなく)ではないでしょうか。

直チェを太らす「作業はとてつもなく大変」で、年明けからテキストをチューニングするのでは、遅過ぎる感が否めないというのが基本認識のようですから、すでに「デブチェ」を作り上げている猫吉さんには、不要なものとなりそうに思えます。

って、ともに実物を見てもいないのに、勝手なことを書いて恐縮です。m(__)m
2010/07/19(月) 09:38:04 | URL | 海のカナリア #YJ9Oflxw[ 編集]
> 海のカナリアさん

なるほど~。
確かに、今回の基本書はデブチェと比較するべきなのかもしれませんね(>_<)

基本書は基本書と比べるべきというのが僕の立場だったのですが、なるほどなるほど。
貴重なご意見をありがとうございますm(__)m

そういった点も含めて、本当に、楽しみな本ですね(^o^ゞ
2010/07/19(月) 16:10:21 | URL | 猫吉 #-[ 編集]
常に新型にモデルチェンジしようとする姿勢は見習うべきものがあります。
やはり、並みの猫とは違いますな~
2010/07/20(火) 00:58:04 | URL | としぼう #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>とっさん

トレンドは積極的に取り入れるっが信条ですので(^◇^)
どんどんモデルチェンジしていきますっ

・・・年内に限りますが・・。
さすがに年明けからは怖くてできましぇん・・・(@_@;)
2010/07/20(火) 11:33:30 | URL | にゃん吉 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。