がけっぷち人間が司法書士に合格してからの日々
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


平成6年度記述式問題【不動産登記法】
2010年02月28日 (日) | 編集 |
今気が付いたけど、今まで書いてきた、平成○年度記述式問題ってタイトルの記事・・不動産か商業かを書いてなかった・・

全部、不動産登記です。

万が一、こんな零細ブログを見てくれている方がいらっしゃったら、そういうことなんでよろしくお願い致します。


平成6年度の記述式試験。
うちの事務所のボスが不合格になったという年。

記述式が原因かどうかは知らんけど、内心敵討ちな気分で解いてみた。

・・・

・・・・・


所有権抹消して、相続登記、抵当権設定の3件申請でフィニッシュ。

なんのひねりもなかった・・・

あ、複数の債権を担保する抵当権設定の時に、利息・損害金、債務者で同一の事項があったら(あ)(い)で分けなくてもいいってことはほんの少し参考になったかなと。

きっとこの年はみんなが高得点だったに違いない・・・

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。