がけっぷち人間が司法書士に合格してからの日々
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


真面目ブログ~アウトプット重視派の盲点と免責の登記~
2010年08月20日 (金) | 編集 |
相変わらずテンション一つ低めの猫吉です。


今日はいつになく真面目で堅苦しい、記事を書きます!


姫野先生のブログで、「アウトプット重視派の盲点」と題して興味深い考察が掲載されています。

・・・って、皆様もうご存知ですよね。

今さら感がありますが・・・この点について恐縮ながら感想文を書かせていただきます。

まず、僕は自分はバランス食派だと思ってます(笑)

まぁ、純粋に時間をかけた割合で言うと、インプット派ということになるのかもしれませんが・・。

っていうか、そもそも、「インプット」「アウトプット」定義って、何なんでしょうかね。
問題集を解くのは「アウトプット」だとは思うんです。


過去問は?一応解きますが・・・一般的に「インプット」だと解されているようです。
直チェは?僕はアウトプットだと思っていたんですが、この点について以前まらやさんにツッコミをいただいちゃいました・・・「直チェはインプットやろ」と(笑)

ただ、僕は直チェの答えを隠して一問一答形式にして使用しているので・・・これでもインプットになるんですかね?


この点の分別が曖昧なので、そもそも僕にインプットだとアウトプットだの論ずる資格はないわけですが、すくなくとも、姫野先生のブログにアウトプット「重視」派とあることから、


「インプットを重視しつつ、アウトプットもバランス良くやれよ~。」


という、受験生へのメッセージだと暗に受け止めています。
(姫野先生、違っていたらすいません。)


で、一般論に従って、今年の僕の勉強を振り返ると、

インプット : DP、直チェ、過去問
アウトプット : 答練、模試本、問題集(Wの会社法のやつ)


一応、バランスよくやれたのかなぁと思ってますが・・・。
どうなんでしょう。


何事も極端すぎるのはいかんなぁと思う今日この頃・・。

・・択一と記述式の点数がバランス良くないと、足切りにかかってしまうわけでして・・。


あ、いかん・・。また不安でいっぱいになってきた・・・(――〆)
(最近、末期なのか何の話をしていても、最終的には記述の基準点の話にいっちゃいますww)


記述式が不安で仕方がないついでに、今年の記述式の商業登記第4欄の論点について、関連事項をご紹介しますね。


事業譲渡がされた場合に譲受人が「商号」を続用した場合、譲渡人の債務について責任を負うので、譲受人の免責の登記が必要になるっていう論点なんですが。


登記事項としては、

「当会社は年月日商号の譲渡を受けたが、譲渡会社である会社の債務については責めに任じない。」と登記されます。


では、これが「屋号」の場合はどうなだろう・・と。


登記した「商号」ではなく、単なる「屋号」の場合。同様の登記が必要なのか。そもそも、屋号の場合にまで、会社法22条1項の適用があるのか?
と、疑問がありますよね。


まず、屋号の場合にまで、会社法22条1項の適用があるのか?については、最二小判平成16年2月20日で、類推適用がある旨判事されていまして、屋号でも、続用するのであれば、責任を負うそうです。


で、この場合に免責の登記ができんのか?という点についてなんですが、結論から言うと、登記できるそうです。この場合、登記事項としては、


「当会社は年月日事業の譲渡を受けたが、譲渡会社である会社の債務については責めに任じない。」と登記されるそうです。

登記されていない屋号を譲り受けた旨ではなく、事業譲渡を受けた旨が登記されるんですねぇ・・・ということでした。

数年後に出題されるかも・・・?
出題されたら猫缶20缶で手を打ちますよ(笑)


・・・・って、また不安に・・。


今年の商業では、「商号譲渡人の債務に関する免責」が登記事項になるのであって、「事業の譲受人の免責」は登記事項ではない・・・ということになるんでしょうか。



僕は、「事業の譲受人の免責」と書いちゃってるんですが・・・これ・・ダメなんですかね?



あと39日・・・




*・゚(n‘∀‘)η゚・*:

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/08/20(金) 17:34:03 | | #[ 編集]
何をもってインプット・アウトプットというかは、難しいですよね。
人それぞれな気もするし。

私の場合、自分が普段やってる過去問はインプットだと思ってます。
知識のあいまいな部分、誤解している部分を洗い出すために問題を解いてるだけで
(もちろん出題傾向と、ツッコミの深さなんぞを自分なりに把握するためでもありますが)
主な目的は解説・テキスト・六法をしっかり読んで、理解と記憶を深めていくことなのです。

・・なもんで、まとめて問題を解くことはせず、1問ごとに復習してますです。

それに対して、以前やったプチ本試験はアウトプットですね。

自分にどの程度の理解・処理能力があるのかを測ったり、調整するために行うものが
アウトプットだと思ってます。

こちらは学習段階がある程度進んでから、定期的にすればいいんじゃないのかな~と思うのですよね。

そういう意味では、私はインプット偏重型です。

姫野先生は、「過去問しっかりやれよ」「自分のポジション把握しとけよ」って言ってるだけだ・・と
勝手に思うことにしますwww

えーっと・・たまに難しいことをコメしようとすると、自分が何を言いたいのかよくわからなくなるです・・。
察してくださいwww
2010/08/20(金) 23:54:08 | URL | るきあ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>るきあ姐さま

なるほど・・。
今まで、自分の中での大まかな区別は・・

・点数がでるもの  → アウトプット
・点数がでないもの → インプット

だとなんとなぁく思っていたので、参考になりますっ


それにしても、その辺の区別ができている姐御はやっぱさすがですね。
さすが僕が来年度筆頭合格予定者と見込んだお方じゃ・・・(^-^)


あ、大丈夫です。
僕も難しいこと書いている時は、途中で何が言いたいか分からなくなりますので(笑)

今回の記事も例にもれず・・・・
 
2010/08/21(土) 07:53:50 | URL | 猫吉 #-[ 編集]
こんにちは。発表まであと一ヵ月とちょっと、それまで耐えましょう(笑)
僕の商登の第4欄は微妙です。結論に日付+免責のための登記とか書いちゃいました。理由も微妙なので、結論で何とか1点いかないものかと願っています。
2010/08/21(土) 08:35:49 | URL | ほっぺ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>ほっぺさん

こんにちは~。

あと1か月と8日・・・長いですねぇ・・・
今、僕の周り(友人、家族、職場)の人はみんな僕が受かっているもんだと思っていただいているようで・・
僕一人びくびくしてます。

再現答案もなんかい採点したことか・・。
さらに姫野先生がここにきて監査役消極に・・。

ふぅ。
考え出したらやばいです。

あ、ほっぺさんも第4欄微妙ですか・・。

僕は「事業譲受人」で正しいのか否かが非常にナイーブな感じです(笑)

お互いに、がくぶるな日々が続きそうですね・・。
2010/08/21(土) 11:11:15 | URL | 猫吉 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。