がけっぷち人間が司法書士に合格してからの日々
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【私的】本試験で高得点を取るための勉強法(その2)
2010年08月28日 (土) | 編集 |
前回の続きを・・・・。

今、PCを早く空けろと、とある方面からプレッシャーがかかっているので今回はショートプログラムで。

今回も考え方編で、、、、

え~っと・・・そう、独学の方は、高得点を獲得するための情報の判別が難しいのではないかという点について・・


これは結論から言うと、テキストと過去問に書いてます。


テキストを読んでいたら、

・この場合はどうなるんだろう?

・あの制度と比較したらどうなるんだろう?

・似たような規定があったな?

・過去問で訊かれていたなぁ・・・等々。



過去問でいえば、

・この問題ではこういう聞き方がされているけど、違う方面からだとどうなる?

・似たような問題があったなぁ・・似てるけど違うのかな?

・テキストに書いてあったなぁ・・・等々。



情報量が多いテキストだと、こういう疑問を考える余裕が無い・・・・もっと言うと、情報量の多さに満足してしまって自分で思考し、疑問をいだこうとしなくなるんじゃないかと思うんですね。


まぁ、こんだけ情報量のあるテキストに書いてないんだし、出ないでしょ~・・・みたいな。


僕はたまたまDPを使用しているのでDPを引き合いに出しますが、こういう必要最低限の知識を書いてくれているテキストって、読んでいると疑問点がどんどん湧いてくるんです。


で、調べる。


調べて得た知識を書きこむなりまとめる。
(この時、調べた知識をそのまま書き込むことはしません。一度、自分の頭の中で咀嚼した上で、どうやったら自分が頭に叩き込みやすいかを考えてから書き込むなりまとめるようにするのがポイントです。)


僕は勉強って、本来こういうのがあるべき姿じゃないの?と思ってるんですが・・・



で、ここまで書くとその調べる時間が勿体ないじゃないか。「効率的な勉強法」からかけ離れてしまうじゃないか。という意見もあると思うんですね。


前にも書きましたが、実際問題として、その気になって調べればなんでもわかるのが現代社会です。
ただ、その気になって調べるのはそれ相応の時間がかかります。これは当然のことです。


時間の無い受験生がその気になって調べてたらそりゃ「効率的な勉強法」じゃないでしょう。


これは「調べる範囲を予め決めておく」って事で解決します。


たとえば、僕の場合、民法で疑問点が出た場合、模範六法の該当条文の判例と、伊藤塾の入門六法を調べてもその情報が無かった場合、試験にでるわけないと割り切って調べるのは止めていました。


実際、そういう知識はほぼ、でません。
(疑問に思った事をすべて覚えているわけではないので・・全部がそうだとは言えませんが・・・少なくともそれで悔しい思いをしたことはないですし、時間との兼ね合いからしても、この辺が妥協点じゃないかと思ってます。)


逆に、疑問を持ち、調べて出題された知識はたくさんあります。
(こちらは猫チェにすべてまとめてますので、今年の本試験に照らし合わせても、その事がわかります。)


そうやって完成させたのが猫吉チェックというわけでして・・。


前から思っていたんですが、一部の受験生は予備校が言う、「効率的な勉強法」というなんともやさしい、それでいて一見正しいようなフレーズに踊らされすぎじゃないかと。


と、まぁ色々と書きましたけど、以上は独学で頑張る受験生の場合に当てはまることであって、予備校の講義を受講されて、講師が本試験を分析し、提供する然るべき情報を頭に叩き込む場合は該当しないと思います。


僕はいわゆる中上級講座は姫野先生の「姫野クルゼ」以外は受講したことがないので、中上級講座がどういう情報を提供しているのかは知りませんので、何も言えませんが・・・。
(姫野クルゼは良かったです。あの講義のおかげで記述式に対する漠然とした不安は消えましたし、学びは多かったと思ってます。)


・・・って、かなり長々と書いちゃいましたね。

まだまだ書くことがありますが・・このシリーズ・・・続けた方がいいのでしょうか?(需要があるのかな・・)



どうしても記事だと一方通行で、細かいニュアンスをお伝えできなかったり、言葉足らずな部分が多々あるかと思いますので、疑問点等があれば遠慮なくご質問くださいませm(__)m


また、感想をお聴かせいただければ幸いです。


:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:



にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
猫吉さん、こんばんは(^^)

テキストでも過去問でも、分析をし、他の制度との相違点を認識、チェックしておく、実際に試験で問われたかどうかも常に意識しておくって事ですよね。
咀嚼してから、と言うのも参考になります。

やるべき範囲の基準も、とても分かりやすく参考になりました!!

参考になるのは独学の受験生だけではないと思いますので、是非是非、よろしくお願いいたしますm(__)m
2010/08/29(日) 00:01:12 | URL | 空猫 #-[ 編集]
考え方編参考になりましたm(_ _)m。
>情報量が多いテキストだと、こういう疑問を考えるか余裕がない…疑問をいだこうとしない。

これはあると思います。
ちょっと物足りない状態の方が、疑問を持つ余裕がもてますもんね(>_<)。
疑問を持てば自ら調べますし。

テキスト等に掲載されている知識より、
自ら調べた知識の方が、
理解度のレベルも高いですし、記憶にも残りますよね(>_<)。


あっ、
先生!(><;)/
一つ疑問があります。


この記事に直接関係はないんですがー、
法学部卒かどうかだけ教えてください!。

独学と言っても、
法学部卒の独学と、それ以外(他の学部卒、高卒等)ではスタート地点が違うと思いますし、
是非そのあたりの情報も参考にしたいかと思いまして(>_<)。
※受験回数や前職の記事はみたのですが、法学部卒かどうかだけ確認できなかったので。
どこかの記事に書いていたらすみません(>_<)。

2010/08/29(日) 00:55:24 | URL | N(ニート)式 #qkn8bhA6[ 編集]
こんばんは。

調べる範囲が私よりも断然広いんですね。
本試験の点数にも納得です。
参りました<(_ _)>

私の場合は、択一六法までですね。
過去問とかで疑問点があれば、テキスト→択一六法の順で調べてます。
判例も択一六法に載っているのは見るんですけどね。

そうですか、調べる範囲の差に秘密があったわけですか…。
今後は模範六法での該当判例もしっかりと読みあさるようにしようかな…。


2010/08/29(日) 01:43:49 | URL | おおきなクマ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>空猫さん

こんにちは。

そうなんです。
自分の中で一度よく咀嚼して、意味を理解し、復習の時にスッと頭に入りやすいように表現するなりまとめるなりする作業がすごく大事だと思ってます。勉強ってこういう過程が大事じゃないかと思ってるんですが・・。

調べる範囲はある程度絞っておいた方がいいです。
僕の場合は入門六法と模範六法の判例ですが、正直、これ以上やるとやり過ぎになると思われます・・。

今年の難化したと言われる午前の部の問題でも、この2つで満点近くとれるので・・・

今年の僕の場合、こういう作業を1月~ファイナル編の開始までにやってまして、それ以降はただひたすら回転させる、という作業をしていました。


思い出しただけでもしんどくなりますね・・・なぜ、年内にやらなかったのか・・・。
2010/08/29(日) 10:17:47 | URL | 猫吉 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>N式さん


ハングリー精神が持てる・・・という表現になるのでしょうか。
与えられた情報に満足しないってことですね。

自分でつっこんで行って、咀嚼し、理解した知識ってのは本当に強いと思ってます。
でも、これはあくまで「僕には」適合したやり方にすぎないので・・・

他のやり方や、情報量の多い参考書をメインに置いての勉強法を否定するつもりは全くないです((+_+))


あ、僕は法学部卒じゃないですよ。
勉強開始時は法的知識も素養も零でした(--〆)

受験開始時から昨年くらいまでは全く意味のない勉強法をやっていたなぁというのが正直なところです。

昨年「自分なりに」必死にやっていたのにもかかわらず不合格になったことから、勉強方法を変えた方が良いと真剣に考えていた時に、独立開業の記事のときに書かせていただいた先生に、アドバイスをいただいたことが転機になりまして・・

今に至ります・・。


・・・・・残念ながら記述式で不合格になってるかもしれませんが・・
2010/08/29(日) 10:25:12 | URL | 猫吉 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>クマっち

択一六法は見た事が無いのですが、おそらく入門六法とほぼ同一の情報量じゃないのかなぁと思うんですが・・
どうなんでしょう?

僕はテキストor過去問→入門六法→模範六法

の順ですかね。

調べるのにも大して時間かかりませんし(^-^)


調べる範囲と、そっけないテキストDPだったというのがポイントです(笑)

いやぁ、こう考えると、DPって・・・ツンデレですね。

そっけないような顔をしておいて、しっかりと自分で考え、調べるチャンスをくれている・・みたいな。


って、クマっちは今までの勉強法で十分じゃないですか!!

会社法さんとも仲良くなったみたいですし・・・
怖いです((+_+))
2010/08/29(日) 10:30:19 | URL | 猫吉 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。