がけっぷち人間が司法書士に合格してからの日々
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


エスコート・ランナー
2010年09月01日 (水) | 編集 |
今日、何気なしに本屋さんに寄ったら前々から欲しかった本があったので・・・・・買っちゃいました。


「エスコート・ランナー 司法書士桜木司織のスケッチブック 有限会社伊達一族編」


この本は、日本司法書士会連合会の監事をされている、河合保弘先生が書かれた司法書士が主役(?)の小説です。(?をつけたのは、まぁ、、読んでみたらわかります(笑))


小説と言っても、現実離れした事を書いているわけではなく、非常にリアルです。


「司法書士ってこうあるべき」という、答えの無い命題に対して、一つの見解が示されています。
ネタバレになるとマズイので、河合先生ご自身がブログで書かれている、この本のエッセンス(話の中で出てくる台詞)の一部をご紹介しますね(´∀`)


「法律はとってもよく斬れる刀。だからこそ抜かないようにしなければ。」

「司法書士が法律を学ぶのは、それを使うためじゃなくって使わないためなのだ。」

「物事を動かすのは、法律じゃなくって人の心だから。」



これらを前提に読み進めていくと、あぁ、なるほどなぁと・・・・まだ3分の2ほどしか読めてないけども・・思います(・∀・)早く続きが読みたいですね。

受験勉強に行き詰った時等に、オススメ(まだ全部読んでないですけども・・)です(´∀`)


・・・・・・欲しかった本がやっとこさ手に入ったので・・・自慢しちゃいました(笑)


で、今回の記事はこれだけという・・・


すいません(m´・ω・`)m


(とある方面からの圧力で、テンプレートが変更しております。たぶん、しばらくまたテンプレ巡りをすると思いますので、よろしくお願いいたします。)





:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:



にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
猫吉さん、こんばんは(^^)

「物事を動かすのは、法律じゃなくって人の心だから」・・・いい言葉ですね\(^o^)/

法律を学び、携わる者が肝に命じておかなきゃいけない言葉ですね!!

また一冊、読みたい本が増えました(笑)
2010/09/01(水) 22:10:27 | URL | 空猫 #-[ 編集]
物権を動かすのは、法律じゃなくって人の心だ

って読み間違えちゃいました(笑)(>_<)。
意思主義かよー!!(笑)
って思ったんですが、
『物権』ではなく『物事』だったんですね(>_<)(笑)。


おもしろそうな本ですね(σ・∀・)σ(笑)
ちょっと興味あります(笑)

2010/09/02(木) 07:40:33 | URL | N(ニート)式 #qkn8bhA6[ 編集]
Re: タイトルなし
>空猫さん

こんばんはっ

そうなんです!
物事を動かすのは人の心なんです。

現実に起きている紛争の中には、ちょっとしたすれ違いで本来しなくてもよいような紛争に発展している事がたくさんあります。

司法書士って、そういうすれ違ってしまった当事者の「心」を本来あるべき方向に正す、「お手伝い」をさせていただくものじゃないかなぁ・・・と、今は思ってます。

予防法務の専門家として、決して驕ることなく、常に当事者と同じ目線で物事をみなければいけないなぁと思いました。それができるのは、数ある専門職の中でも司法書士しかいないんじゃないかぁなんて。

これは言いすぎですかね(涙)


機会があれば、ぜひ読んでみてください(^-^)
おススメです!!
2010/09/02(木) 19:16:27 | URL | 猫吉 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>N式さん

や、確かに・・意思主義でも意味は通りますけども・・

そんな味気ない表現方法はいやだ~!!

とってもヒューマン(?)な物語なんですよ。

あぁ、司法書士って、こういう存在なんだなぁと、ある意味感動します。
(他の司法書士像ももちろん、素敵なものだと思いますが。)

ぜひぜひ!!一読を!!
2010/09/02(木) 19:29:35 | URL | 猫吉 #-[ 編集]
こんばんは。

まさに伴走者たれ・・ですね。
公正中立の立場で、当事者より前にでることなく紛争を解決する。

・・・・弁護士ではできないことです。

そういえば仕事上の研修会で、ある弁護士さんが「皆さんは弁護士ではない。法律は凶器にもなる。
使い方がわからないのに、ふりまわすのは危険です。」とおっしゃっていました。

まだまだ司法書士の認知度は低いですが、できることは、たくさんあると思っています。
2010/09/02(木) 19:58:54 | URL | あっちゅまま #b39637Hk[ 編集]
Re: タイトルなし
>あっちゅままさん

こんばんは~。

そうなんです、ネタバレになるとまずいのであまり書けませんが・・・・
司法書士は主役ではないのです。

例えば同じ企業法務でも、弁護士さんはどちらかというとリーダーシップを発揮して企業を然るべき方向に誘導していく・・というスタンスになりますが、司法書士の場合、企業の向かいたい場所を訊き、どうすれば問題なくそこに辿りつけるかを、アドバイスする・・・

まさにパターナリズムとまたーナリズムですね(笑)

予防法務の専門家たる司法書士しかできないと思います。
(意識レベルの問題では・・・ですが。)


あるアニメにでてくるセリフなんですが、すごい凶器っていうのは、

「使う覚悟のほかに、使わない覚悟も必要なんだ」

と。

まだ司法書士になる資格すら取得できていない僕ですが、司法書士業務に対する「愛」は既に有資格者のつもりです(笑)

がんばって認知度をあげていきましょうねっ
2010/09/02(木) 20:24:58 | URL | 猫吉 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。