がけっぷち人間が司法書士に合格してからの日々
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(猫吉の)心に響いた言葉集
2010年10月04日 (月) | 編集 |
こんにちは(^-^)
徐々に寒くなってきてますね。

昨晩、少し暑かったのでベランダのドアを開けて寝たんですが、朝4時頃に寒すぎて目が覚めました((+_+))
要注意ですね・・。


しばらくは司法書士試験の思い出を書いていこうと思ったのですが、今日は少しお休みして、違うお話をさせていただきます。


珍しく今日は真面目な記事になります。
(いつも真面目だよと思われた優しい方には猫缶10缶プレゼントです。)


僕が頂いた「心に響く言葉」集です。
(「集」と言いましたが、3つのみ、セレクトしてお送りします。)

これは本を見たとか、誰かが言われたことを教えてもらったというものではなく、僕自身が、直接頂いた言葉で、かつ、僕の「心に響いた」言葉です。

司法書士試験の勉強をしていく中で心が折れそうになったときにお世話になったのは勿論ですが、今後司法書士として生きていく上でも常に心にとどめておきたいと思います。




「現状に満足していたら上は目指せない。でも、現状を大切にできない人は上には行けない。」


これは僕が約3年間お世話になった前職のスーツ屋を辞めるときに店長に頂いた言葉です。
この店長は若くして年間売上5億円超の店舗に栄転されるなど、かなりのやり手でした。

試験勉強をしているとついつい心が閉鎖的になり、自分を支えてくれている人の存在を蔑ろにしがちになりますが、感謝の気持ちを忘れないようにしなきゃなぁと思う今日この頃です。





「司法書士になるのはすごく難しい。でも、司法書士で在り続ける事はもっと難しい。」



これは合格発表の日に所長に頂いた言葉です。

「司法書士であり続ける」とは、経営上の問題を含んでいる事は勿論ですが、懲戒を受けずに司法書士として在り続ける事の難しさという意味合いが多いと感じました。

司法書士の綱紀案件を見ればわかると思いますが、「えっ、こんな事で懲戒!?」みたいな事例も多々あります。

司法書士として、常に品位を保持し、業務に関する法令及び実務に精通して、公正かつ誠実に、その業務を行う必要がありますね。





「立派な司法書士になろう。」


合格発表の日に他士業の尊敬する先生に頂いた言葉です。
その先生は今までたくさんの方にこの言葉を送られたそうです。

この短い言葉の中に非常にたくさんの熱い思いが込められています。
しっかりと噛み締めていきたいと思います。

この他、先生には受験勉強中に、「受かるための勉強をしよう」とアドバイスをいただいた事があります。
どうしても答練や模試受講中は本試験レベルを逸脱した勉強をしがちになりますが、僕も一時期その傾向がありました。

このアドバイスがなかったら・・・・と思うとちょっと怖いです。



はい、と言う訳で、今日はちょっと真面目な猫吉日記でした♪



【今日の口述問題】

・遺贈とはなんですか。

・受遺者とはなんですか。

・抵当権と根抵当権の違いを説明して下さい。



ほんと、「試験」として(減点されないように)口で説明するのは非常に難しぃなぁ・・。

いつも当然のように使ってる法律用語を話し言葉ではなく、減点されないように、法的に説明する。
日ごろ使ってる法律用語をもう一度しっかりと見直さないといけないなと思いました<(_ _)>




:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:



にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
どの言葉も心に響きますね(>_<)。


2番目の言葉に似ている言葉をネット上でみたことがあります。


「受かるまで地獄
受かってからも地獄」


最初みたときネタかよ?と思いましたが

司法書士試験に合格するまでの難しさ
司法書士で在り続ける難しさを
ダイレクトに表現した言葉なのかな?
なんて思っちゃいました(>_<)。


「受かるための勉強をしよう」
これ、簡単そうですごく難しいですよね(>_<)。

方向性を間違えると大変な事になっちゃいますし(ノ_・。)。

2010/10/04(月) 15:30:32 | URL | N(ニート)式 #qkn8bhA6[ 編集]
猫缶ください(ダイエット用で)
この道を行けばどうなるものか
 危ぶむ無かれ
 危ぶめば道はなし
 踏み出せば
 その一歩が道となる
 迷わず行けよ
 行けば分かるさ

今、仕事場の机に貼っているのは・・・↓

「失敗する余裕がないとつまらない」
「万策尽きたとき「あきらめない」という名案がある」

勉強部屋にある日めくりカレンダー
受験生の自分への言葉は・・↓

「やれなかった、やらなかった どっちかな」
「少しずつ ほんとに少しずつだけど 必ず毎日やりとげる」

皆さんから送られた言葉を、大切になさっている
にゃん吉さんは、本当に良い司法書士となられると思います。


2010/10/04(月) 18:17:23 | URL | あっちゅまま #b39637Hk[ 編集]
こんばんは(^^)

私が以前、記事に書いた、司法書士をやってる
同級生が、
いい司法書士に必要なのは
正確さ、ホスピタリティ、そして何より
誠実さだ、と偉そうに言っておりました(笑)

猫吉さんには全て備わってるじゃないですか♪

猫吉さんは立派な司法書士になれますよ!

なので猫缶下さい、それと是非、鉛筆の妖精さん
をご紹介下さいww
2010/10/04(月) 19:00:34 | URL | 空猫 #-[ 編集]
>N式さん

ありがとうございます。
ほんとにどれもよい言葉ですよね。

でも、言葉だけが先行してしまわないように気をつけないとなぁと思ってます(´・ω・`)
自分の中で咀嚼して、これからの自分の糧、自戒にしていきたいです。


僕みたいに長年受験勉強をしていると、どうしても答練や模試で良い点数を取ろうとしてしまうんですよねぇ・・。
そんなときに、受かるための勉強をしているのか?と、問いかけてくれるこの言葉には本当に助けられました♪
2010/10/04(月) 21:38:07 | URL | 猫吉 #-[ 編集]
>あっちゅままさん

ありがとうございます♪
猫缶(カロリーオフ)をプレゼントです(*^_^*)

「失敗する余裕がないとつまらない」
「やれなかった、やらなかった どっちかな」

よい言葉ですね。
仕事用と勉強用、見事に使い分けられてますね!

僕も仕事用と勉強用にいただきます!


送られる良い言葉って、その人の人生経験の中で生まれてきた言葉であることが多いんじゃないかなぁって思うんです。

そんな言葉の中で自分自身の心に響いた言葉を、大切にして、いつかは自分の言葉に変えていきたいなぁと。

自分の方向性がブレないように、ブレないように・・・
(これも受け売りですが・・)
2010/10/04(月) 21:42:44 | URL | 猫吉 #-[ 編集]
>空猫さん

こんばんは~(´∀`)

正確さ、ホスピタリティ、そして何より誠実さ

僕にはまだまだ足りないものばかりです。

立派な司法書士という理想像すらまだ描き切れていない状態で・・。
これから執務をしていく上で、形成されていくのか、僕次第ですね。


猫缶プレゼントです!
あっちゅままさんにカロリーオフをプレゼントしちゃったので、通常ヴァージョンです(´・ω・`)

鉛筆の妖精さんは2年ほど前に家でしちゃったのです・・。

あ、メールとどきましたか?
2010/10/04(月) 21:47:07 | URL | 猫吉 #-[ 編集]
ぼ、ぼくの言葉がないんだな・・・
当たり前だけど(笑)
2010/10/04(月) 23:49:20 | URL | としぼう #-[ 編集]
こんばんは。

うーん、響いてきますねぇ。

人から贈られた心に響く言葉ってのは、
その言葉をかけた人が経験してきたことが根拠となってますので、
非常に重みがありますね。

だからこそ心に響くってもんですけどね。

猫っちもきっと誰かの心に響く言葉を贈ることができる
いい司法書士になれると思いますよ。
2010/10/04(月) 23:59:18 | URL | おおきなクマ #-[ 編集]
私的には所長さんの言葉に1票かな。

司法書士の仕事は重い、と思うんです。

その重圧に耐えて自分を見失わないこと
将来の保証などない自営の身であっても、職業倫理を失わないこと
一線で仕事をする者として、めまぐるしく変わる法律や実務処理に
しっかりと対応していくこと

全てが難しい、と思います。

所長さんはとてもすてきな方ですね。
嫁になる気はありませんけどwww
2010/10/05(火) 01:31:54 | URL | るきあ #-[ 編集]
>とっさん

とっさんの言葉ももちろん僕の心に響いてましたよ~♪
正答率もあがりましたし(^-^)

今回は紙面の都合で・・・そう、大人の事情で・・・
申し訳ないッス((+_+))
2010/10/05(火) 09:33:38 | URL | 猫吉 #-[ 編集]
>クマっち

こうやって、その人の経験が言葉として後出の者に伝わっていくんだなぁと妙にしみじみしちゃいました。

同時に、言葉に負けないように、振り回されないように、僕自身が成長していかないといけないと思います。

これだけ響く良い言葉に負けないようにするには、そりゃもう努力しなきゃいけないですね。
まだまだこれから、です!

良い司法書士、立派な司法書士と自他共に認められるように、頑張ります(>_<)
2010/10/05(火) 09:47:32 | URL | 猫吉 #-[ 編集]
>姐さん

所長が珍しく良い事をおっしゃりました。
すごい意外だったけど、心に響きました。


確かに、司法書士の仕事は重いですね。

ただ、こと懲戒については、責任の重い、重くないの基準で懲戒の軽重が決まってこないのがまた問題なんですよねぇ・・・。

懲戒くらいたくないから真面目にやるなんて考え方はもちろん、論外ですが。

しばらくは懲戒についても研究するつもりです。


あ、所長の嫁・・やっぱダメですか(笑)
残念。
2010/10/05(火) 11:53:18 | URL | 猫吉 #-[ 編集]
え?あ・・いや本気でダメとか言ってるわけでは(笑)
是非一度お会いしてみたいな・・とは思っていますよ。

懲戒の事例やルールをある程度知っておくことは必要でしょうけど、
基本的にはお客様や職務に対して誠実であれば、さほど気にしなくてもいいと思います。

たぶん・・・・・wwww

所長さんは、にゃん師匠の合格にあたって
普段は表に出さない本質をお見せしてくださったのではないですか?

所長さんの言葉だけではなく、そういったあり方も素敵だと思うのですよ。

2010/10/05(火) 12:03:57 | URL | るきあ #-[ 編集]
>姐さん

るき姐さんのおっしゃるとおりだと思います。
お客様、職務に対して誠実に。これが一番大切ですし、懲戒にかかりにくいと思います。

合格したことで、

「これからは一人の司法書士として見ることにする。司法書士になるのは~」

と言った流れでした。

やはり所長はただものではなかったです。
ちょっと感動しましたし・・。

あ、ではよろしくお願いします(笑)
2010/10/05(火) 16:41:33 | URL | 猫吉 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。