がけっぷち人間が司法書士に合格してからの日々
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ホントのところはどうなんだろう・・(1)
2010年02月25日 (木) | 編集 |

休みだ~!

1日中勉強するぞ~!

って、大志を抱くけど大して勉強できないのは自分だけでしょうか・・・


不動産登記法で、

「登録免許税の還付が受けられる場合はどんな場合か?」

という論点がありますよね。


①却下された場合

②申請自体を取り下げた場合

③登記が職権抹消された場合


の3パターンだと記憶していますが、還付されるとしても誰に還付されるか?

司法書士が代理人として申請している場合でも、申請人本人、つまり依頼者に還付されます。

が、司法書士が還付金を代理受領することを許容する通達が昨年でたんですね。

登録免許税の還付金を登記の申請代理人が受領する場合の取扱いの留意点等について (平成21年6月16日事務連絡)

あ、時間が・・続きは次回(--〆)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。