がけっぷち人間が司法書士に合格してからの日々
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おあずけ
2010年05月16日 (日) | 編集 |
昨日,強化メニューじゃぁと言いながら、具体的に何があかんかったのかをちょっと考えてみた。


思うに、最近、不安になったり、インプットの勉強に嫌気がさすと過去模試やら模試本やらに走っていたかと。

いや、アウトプットは非常に大事なのは分かっているのですが、インプットをおろそかにし過ぎました。

テキストを久しく読んでなかった。みたいな。

それでもなんとなく点数とれるもんだからって調子にのってたんだと・・。

今週はインプットに比重を置いた勉強をしていきます。
来週以降は偏らない程度にアウトプットもやるということで。


本当は今日と昨日で元試験委員と大原模試解くつもりだったのに・・

おあずけじゃぁ!!!くっそ~。:(;゙゚'ω゚'):


でも、またバランス崩れそうだったらやっちゃうかも。
いや、やっちゃうな。

特に・・・大原君。

簡単だって噂だし。
みんなやってるし・・。


そういえば、この前やった2年前のTAC模試本の記述式を解いてみた。

・不動産登記法 9割くらい?

記載量も少ないし、特にトラップもなかったので、解きながら逆に心配になったww

相続人間で遺留分減殺がされた場合の計算方法はいい勉強になりました。
特別受益、寄与分、あと欠格、放棄、第三者に対する遺留分減殺くらいは今まで解いたことあったけど、相続人間での減殺はちょっと新鮮。
まぁ計算自体はいたって単純ですが・・・。


・商業登記法 1箇所、日付だけ間違えた。それ以外はたぶん完璧か・・。

ブリッジみたいな問題。
非常にあっさりしてました。


今から、テキスト読み込みまっす(`・ω・´)


にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
私も民訴と供託法以外はインプットがおろそかになってるんで、
思わずドキッってなりました(笑)

やっぱり解説書をテキスト代わりにしてるのはマズイかな…。
2010/05/16(日) 21:16:41 | URL | おおきなクマ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
クマさん

僕も解説書をテキスト代わりに読んでいたのですが・・解説書は説明が豊富なので分かりやすくて良いんですがどうしても体系的じゃないので穴が怖いなぁと思い始めました((;゚Д゚))

マイテキストに書いてあるのに間違えた箇所もあって結構ショックだった(TдT)

浮気してんじゃねぇよ!って怒られた気分です(笑)


2010/05/16(日) 21:23:37 | URL | 猫吉 #-[ 編集]
私もそろそろ浮気するな!と怒られそうですw

確かに解説書は体系的じゃないですからねぇ。
なんかだんだん不安になってきましたww

でも、模試本や模試をやるだけやってから、
テキストを読み返すと散り散りになってる知識が一気に整理できるんで、
悩みどころなんですけどね・・・。
2010/05/16(日) 21:44:10 | URL | おおきなクマ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
クマさん

クマさん程の実力があれば全然問題ないような気がします(^ω^)
不安になる要素が見つかりませんよ~(*^。^*)

僕みたいな小物が粋がっちゃあいかんってことです(笑)

僕の実感なんですが、模試本や答錬の解説本って、即効性があるんですよね。
読んだらすぐに使える!みたいな。

テキストってじわじわボディブローのように後々効いてくるような気がします。
だから退屈してついサボってしまったのかなぁって。

あいつらの逆襲は怖いです((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
しっかり読み込んで行きます!
2010/05/16(日) 22:19:39 | URL | 猫吉 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。