がけっぷち人間が司法書士に合格してからの日々
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昭和58年度記述式問題
2010年02月25日 (木) | 編集 |

今日から記述式の過去問(主に不登法)を毎日1問ずつ解いていきます。

で、さっそく昭和58年度から解いてみた・・・



・・・・やってもた~!


登記名義人住所更正なのに普通に変更やってもた~!


根抵当権者の株式会社東日本銀行の本店が移転してることは一昨年の反省から即座に見抜いたんですよ。

「ほぅほぅ。昭和の時代からこんな問題があったのかね。

だが、もう名変でミスるような俺じゃないんスよ!」

って、特に本店移転の日付を確認せずに名変GO!

チュド~ん!

また良い教訓ができました。

あと、もう1点勉強になったのが、本問では依頼者が申請書の作成代理を依頼しているのであって、申請代理までは依頼していないってこと。

したがって、代理権限証書たる委任状は要らない。


ま、普通に添付しましたけどねっ!


もっと頑張ろう。自分。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。